HOME > 二重切開法の失敗による不自然なライン修正

二重切開法の失敗による不自然なライン修正

二重全切開法の失敗によりラインが不自然で美容整形したことがバレバレのラインになったということで、他院修正手術を希望され御来院いただいています。二重のラインが滑らかでない、ラインが途中で段差になっている、ラインが2本出ている、二重のラインのくいこみが強いハム状態である場合もあります。片方のラインがもう一方に比較し異常に広いという左右差修正症例や傷が気になるという傷修正症例にも御来院いただいています。

不自然な二重ラインの修正

不自然な二重ラインを修正する手術は難易度が高い手術です。適切なライン幅を再設定して、ラインの食い込みを改善させる必要があります。場合によっては内眼角、目頭付近の調整を同時に行うことがあります。

不自然な二重ライン、ハム状態の修正手術正

二重全切開法失敗による不自然な二重ライン修正を埋没法で希望される方が来院される場合がありますが、埋没法による修正はまず無理です。どうしても埋没法で留めてほしいという方には、手術をお受けすることもありますが、トライアル的な手術になり効果の保証はできません。切開法の失敗症例は、原則的に再度切開法にて修正を行うことになります。
症状と希望により修正方法は全く異なります。何度も開眼閉眼を繰り返してもらい、不自然と考えられる箇所を修正していきます。すべてが応用問題的な手技になります。二重全切開法の手術経験が多いベテランの先生にお願いするのが良いでしょう。

モニター写真

二重切開法他院修正目頭切開

術前

術後

28歳 女性。二重全切開法の他院修正手術、不自然なライン、目頭切開
4年前に個人開業の美容外科クリニックで二重切開法の手術をしてもらいました。術後からラインが不自然だったので、そのクリニックに相談に行きましたが、「様子を見てほしい。」と言われ、修正手術をお願いすることもできずそのままにしていました。厚化粧をすれば誤魔化せますが、スッピンになると不自然さがバレバレの状態でした。自分でもどこをどのようにしたら良いのか分からなかったのですがどうしても修正したくて、新幹線を利用して県外から受診しました。手術中には目を開けたり閉じたりを繰り返し調整してもらいました。手術途中に鏡で手術の状態を見せてもらいました。少しずつ目が開きやすくなっていきました。手術を引き受けたもらったものの治るかどうか半信半疑でしたが、先生を信じて良かったです。
クリニックより:二重の手術後、不自然で手術したことがバレバレのラインになることがあります。埋没法の場合は糸を取れば戻すことができますので、問題ありませんが、切開法の場合、簡単に戻せませんので、難易度の高い修正手術を行うことになります。この症例の場合、右目のラインが内側で段差になっており、外側の食い込みが大きく、開眼障害を起こしていました。修正手術はすべてが応用問題的な手技であり、手術は信頼のおける先生にお願いするのが良いでしょう

 6票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision.php」
▲ページの先頭へ