HOME > 小鼻縮小、鼻幅縮小手術

小鼻縮小(鼻翼縮小)、鼻幅縮小

日本人をはじめ東洋人は、鼻が短く横に広がっているタイプが多く、鼻の横幅を縮めてほしいということで御来院いただくことがあります。 小鼻が張っている場合には、小鼻縮小(鼻翼縮小)を行います。鼻幅自体が広い場合は、鼻幅縮小手術を行います。小鼻縮小(鼻翼縮小)や鼻幅縮小手術は、手術経験が少ないと効果が安定しないことや、不自然な鼻になることがあります。実力のある先生に執刀してもらうことが重要です。

手術方法

小鼻縮小(鼻翼縮小)

小鼻縮小(鼻翼縮小)には外側皮膚切除法と内側皮膚切除法の2つの方法があります。一般的に、外側切除による小鼻縮小は、効果が大きいが傷が鼻の穴の外に出る、内側切除による小鼻縮小は傷が鼻の穴の中に入るが効果が少ないと理解されているようです。患者さんの中にも「効果を出したいので外側切除をしてください。」、「傷が気になるので内側切除をお願します。」と言われる方がいらっしゃいますが、これは大きな誤解です。小鼻が頬のつけ根から外側に張り出している場合は、外側皮膚切除を行います。頬のつけ根から外側の張り出しがほとんど無く鼻の穴が横に広がっている場合は内側皮膚切除を行います。このように小鼻の形により外側切除にするか内側切除にするかを決定しています。

外側切除による小鼻縮小(鼻翼縮小)

小鼻が頬の付け根より外側に広がっている場合、湾曲が強い場合は外側切除法にて小鼻縮小を行います。
通常3-5mmの幅で三日月形に皮膚切除を行います。
鼻翼を全層で切除する場合と、鼻の穴にかからないように切除する場合があります。
中縫い、外縫いの2層に皮膚を縫合します。

内側切除による小鼻縮小(鼻翼縮小)

頬のつけ根より外側への張り出しが少なく、鼻の穴が大きく横に広がっている場合には鼻の穴の中の皮膚切除を行う内側切除法により小鼻縮小を行います。このタイプの鼻は鼻幅自体が広くなっていることがあり、同時に鼻幅縮小手術を行うことで小鼻の広がりを治療することがあります。

鼻幅縮小

鼻幅自体が大きく、細い鼻を希望する場合には、鼻幅縮小縮小手術を行っています。糸のループをかけることにより切らないで鼻幅を縮小する切らない鼻幅縮小手術(ループによる鼻幅縮小手術)と、鼻の穴の中を切開して鼻幅を縮小する切る鼻幅縮小手術(エーラーフラップ法など)があります。

モニター写真

鼻幅縮小

術前

術後48日目

20歳 男性。小鼻縮小(鼻翼縮小)、鼻幅縮小
鼻が横方向に張っていて広がっている方に対する小鼻縮小(鼻翼縮小)、鼻幅縮小手術の症例です。鼻の穴が大きく横に突出していて、鼻幅自体も横に広がっていました。内側切除による小鼻縮小手術と鼻幅縮小手術を行いました。鼻の横幅が狭くなり、鼻の穴が小さくなりました。
クリニックより:鼻の穴が大きい、鼻が横に張っているという症状は、その症状や希望により手術手技が大きく異なります。この症例は、鼻翼拡大に対し内側からの小鼻縮小(鼻翼縮小)を行い、更に鼻幅を縮小して、横の広がりを目立たなくしました。この手術は、効果を出そうと大きく切除し過ぎると、整形バレバレの不自然な鼻になることがありますベテラン美容外科医に相談されることをお勧めしています。

 4票

鼻幅縮小

術前

術後35日目

24歳、女性。小鼻縮小(鼻翼縮小)、鼻幅縮小
鼻が横に広いダンゴ鼻の修正を希望された症例です。インターネット検索により仙台中央クリニックに御来院いただきました。診察したところ、小鼻が発達して鼻の穴が丸く、鼻幅が広がって、鼻全体が大きく横長に見えました。小鼻縮小、鼻幅縮小手術を行うことにより、鼻を小さくスッキリしました。小鼻が小さくなり鼻の穴の丸みが取れました。
クリニックより:鼻の穴が大きく、横に広がっていることで悩んでいる方は多いようです。このような場合には、小鼻縮小、鼻幅縮小手術が適応になります。小鼻縮小、鼻幅縮小手術は、鼻の内側を切開するので傷は目立ちません。存在感が在り過ぎる横長の鼻が小さくなり、顔全体がスッキリします。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ